世の中の白いものは大抵サモエドかもしれない

 

白くてふわふわした塊を見つけたらそれはサモエドかもしれない。

社会には、摩訶不思議な現象がいくつかある。

 

 

サモエドもそうだ。

 

 

世の中にある、白くてふわふわしたものは大抵サモエドなのだ。

サモエドとは、ロシアのシベリアを原産地とする犬種のことである。

中央シベリアのツンドラ地帯で暮らすサモエード族のもと、トナカイの番や、カモシカ狩り、ソリ引きなどに従事し、人間と長らく共生してきた。

 

 

そんなサモエドについてまとめられていたので見てみよう。

 

 

濡れると誰かわからなくなるサモエド

 

 

 

公共交通機関に乗るサモエド

 

 

 

小さくて天使のようなサモエド

 

 

雪に同化しているサモエド

 

 

 

子供とサモエド

 

 

 

 

たくさんの赤ん坊を持つサモエド

 

 

何か別の生物に生まれ変わろうとしているサモエド

 

 

1匹違えどサモエド

 



寝相も可愛いサモエド

 

窓からひょっこりしているサモエド

 

 

カラフルでも可愛いサモエド

 

 

 

ピザを食べようとした瞬間野菜にすり替えられるサモエド

 

 

遠吠えするサモエド

 

 

 

赤ん坊と仲良しのサモエド

References:.boredpanda.

 

 

多分サモエド。

 

大きめのサモエド(錯乱)

 

 

以上。

あなたの周りにもサモエドは潜んでいるかもしれませんね。

 

 

 

 

合わせて読みたい
シェアしろよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です